2019年05月20日

「コミュニティーみよしがおか」に特集していただきました。


2015年5月1日 地方コミュニティー誌「コミュニティみよしがおか」に特集していただきました。

ヘヴンリー・ゴスペル・クワイアプロフィール-2.jpg
posted by Heavenly gospel Choir at 00:00| 特集記事

2019年05月19日

推薦の言葉


「清く、パワフルなクワイアです。」
ゴスペルシンガー&ディレクター、音楽伝道師 佐藤ゆかり

ヘヴンリー・ゴスペル・クワイアは、本当に清く、
それでいてパワフルなクワイアです!

鈴木竜生先生は牧師でありながら
クワイアディレクター・指導も務められますが、
その様なスタイルはアメリカではよくありますが、
日本では類を見ないと思います。

鈴木先生の熱いご指導が、
メンバーお一人おひとりのパワーの源なのでしょうか、
皆さんイキイキ輝いておられます。

またその歌声を聴く私たちにも、生きる気力を与えてくれます。

様々なゴスペルクワイアを見てきましたが、
オリジナリティに富んだ楽曲も本当に素晴らしいです。
これからのご活躍を大いに期待しています。



「当時から熱い男でした。」
友人代表 祖父江隆年

私は竜生牧師とは中学3年生の時以来の
かれこれ30年近くのお付き合いになるのですが、
当時から熱い男でしたね(笑)。

特に音楽に対しての情熱は人一倍で、
洋楽のポップスやロックが大好きでした。

生徒会役員もされていたのですが、
まだまだ当時は「洋楽=不良の聴く物だ」と、
偏見をもっていた先生も多かったのですが、

「全ての洋楽が悪い物ではなく、洋楽にだって
人に勇気や感動を与える曲だってあるんだ!」
と、カセットテープにいろんな曲を録音して
先生達に渡していたのを思い出します。

先生達からの自分のマイナス評価をモノともせずに、
当時から戦ってましたね(笑)。

そんな熱血少年が牧師になって、
今はこの日本にゴスペルを広める為に戦っているのは、
まあ、必然なのでしょうね(笑)。

また、ただ広める為だけではなく、
最終目標が「メンバーの皆さんがニッコニコに幸せになる事!」って
いうのも彼らしい。

日本に数あるゴスペルのチームの中には、
もしかすると、竜生牧師より知識も、技術も、
経験も豊富でいらっしゃるプロデューサーの方々が
数多くいらっしゃるかもしれません。
(当然竜生牧師も相当な知識と経験がありますよ。)

しかし、メンバーの皆さんお一人お一人、
そして聴いて下さる方お一人お一人が、
「日本一、いや世界一の幸せ者になって欲しい」と
本気で思っているプロデューサーは
竜生牧師だけではないでしょうか。

震災の復興イベントや、多くの施設訪問によって、
今や、ヘヴンリーの歌声が
この地域にはなくてはならないものになっています。

自分も何か人の役に立ちたい、でも何から手を付けていいか解らない、
そんな方はヘヴンリーで、あなたの歌声で、その思いを竜生牧師に
託して見るのは如何でしょうか?

優しく、楽しいヴォイストレーニングも大好評!
最初は歌えなくても、あれよ、あれよと、笑っていたら、
いつの間にやら歌えますよ(笑)。


「いつか一緒にやってみたい。」
エバーハウス株式会社 代表 村上千咲



ゴスペルというと、映画のワンシーンで出てくる、
教会の聖歌隊のイメージがありますが、
こんなに気さくな会があったとは知りませんでした。

メンバーは全員クリスチャンかな?と
正直なところ疑問もあったのですが、
聞いてみると皆さん様々で、
純粋にボイストレーニングしたい方や
讃美歌を歌いたい方など、いろんな方がいらして、
とにかく楽しそう。

きっと、ゴスペルチームを指導している竜生牧師の人柄と
指導方法が良いのだと思いました。

私は、今はヘヴンリーのゴスペルを聞く側ですが、
仕事の合間を見て、いつか参加できるチャンスが
あったらいいな、と思います。
又、ヘヴンリーの歌声を聞きに伺いたいです。




「聴き手を勇気づける音楽。」
Nordic Notes 代表 浜島広樹


ヘヴンリー・ゴスペル・クワイアのリーダーである
鈴木竜生牧師とは、13〜4年前に知り合った。
今では私にとって親友と呼ぶに相応しい人物である。

竜生牧師の書いたゴスペルのテキストは
およそ20年間で100曲にも及ぶ。
その歌はどれも親しみやすい。

それらは聴いている(歌っていると)とそっと人の心の入り込み、
いつまでも残る暖かみのようである。

時には聴き手(歌い手)を勇気づけ、時にはたんぽぽが
咲き乱れる野原へと連れて行ってくれるかのようだ。

この慌ただしい時代に生きる私達。
気持ちを心地良く調和したいと思った時には是非、
このクワイアの門である“イエスキリストロックチャーチ”に
途中停車してみるといい。

この私がそうだったように。



「とにかく聞いていただきたい!!!」
多治見クライストチャーチ 牧師 若杉桂一


「芸術は爆発だ!」と、岡本太郎氏は言いましたが、
「ゴスペルには人生を変える爆発的な力」があります。

だから、ゴスペルはただ音楽のジャンルではありません。

しかし、残念ながら現状は多くの方々がゴスペルの
「ホント」を受け取っておられないのです。

ゴスペルは心が揺さぶられるだけでなく、
人生そのものに影響を与え、
あなたを変える力を持っています。

ゴスペルでは、ひとりひとりが、
歌のうまい下手以上に、心の内が探られていきます。

どんな歌でも歌詞を感じ取って歌う事は重要ですが、
歌の意味だけでなく、
あなたの心や生き方さえも深く取り扱われ、
爆発的な力によって変えられるからこそ、
喜びや感謝の熱が発せられ、
人々に感動や影響を与えるのです。

このクワイアのゴスペルはとにかく熱い!
ライブがとても良い!!
是非、興味のある人も、ない人も、聞いて頂きたい!!!

パワフルな歌声が嫌な事や不安、
ストレスをスカッと吹っ飛ばしてくれるでしょう。

チームのひとりひとりを変えた力が、
あなたの心にも、きっと届くはず。

posted by Heavenly gospel Choir at 00:00| 推薦の言葉

2019年05月18日

メンバーの声


ヘヴンリー・ゴスペル・クワイアのメンバー達の声を紹介します。



ヘヴンリーにはたくさんの喜びがあります
歌う事が好きで、大勢で歌うグループに入りたいと思っていました。「天使にラヴソングを」の影響もあり、ゴスペルだけを歌うグループを地元で探そうと思った矢先、地元情報誌にヘヴンリーの募集広告を見つけ、その場で申し込みの連絡をしました。それからずっと今まで楽しく続けていられるのは、竜生先生の熱い指導と、ピアノ生演奏をバックに歌える事と、練習会場の教会の雰囲気がいい事と、また楽しい仲間が増えた事・・・本当にたくさんの喜びがあるからですね。
会として慰問やチャリティーなどに積極的な姿勢も嬉しいですし、保育園に歌いに行ったときも、子供達の笑顔に癒されました。
これからもリズムに身体をのせながら、楽しく歌い続けていきたいと思います。〈会社員 T.W.さん〉


楽しくストレス発散
友人がヘヴンリーに入っていたので、私もゴスペルの興味を持ち、体験レッスンに出かけました。ちょっと緊張して出かけましたが、クワイアのメンバーがとてもあたたかく、歌うのもとっても楽しかったので、すぐに入会しました。
色々な発表を経験しましたが、保育園で園児達と一緒に歌った時の心の温かさは忘れられません。
また、ヘヴンリーで歌うことで、楽しくストレス発散させてもらっています。
ストレスを抱えている人には、本当にオススメできるグループだと思います。〈瀬戸市 匿名希望〉



友人の紹介でしたが、はまりました
私は友人の紹介で入会しました。ゴスペルに興味はあったものの、「もし自分が歌うなら英語より日本語の方が気持ちが入るし伝えられるよなぁ。でもそんなクワイアはないよね。」と思っていたので、自分が歌うことになるとは思っていなかったのですが、ヘヴンリーは日本語で歌ってると聞いたので、それならと思い体験に出かけました。
体験レッスン当日、竜生先生のハイテンションにはびっくりしましたが、とても楽しくみなさんが歌っているのを観て純粋にいいなと思ったし、初めてでもなんとか歌えたし、練習の後の美味しい手作りお菓子をたべながらのおしゃべりも楽しかったしで、思い立ったら吉日ということでその日に入会を決めました。
始めた頃よりも声が出るようになったし、仲の良い友人も出来て、とても充実した毎日を送っています。〈名古屋市 あいちゃん〉


パワーをもらい、言語障害を克服
天使にラブソングを」と言う映画を観て、ゴスペルという音楽がガツンと心に響きました。そして、「私もいつかはゴスペル」という思いがあったときに、市民音楽祭でヘヴンリーのステージを観て竜生先生の指揮に一目惚れ!「このクワイアで一緒に歌いたい!」と強く思い参加を決めました。
ヘヴンリーの魅力は熱さ、パワフルさ、素晴らしいメンバー、そして参加費のお値打ちさ!!! 市民講座なみの安さですよね。余裕のない我が家でも通えるお値段!!ホントにありがたいです!
また私は、ヘヴンリーに通い続けて言語障害が克服されました。
リハビリとしても歌うってすごく効果あると思うんです。
ゴスペルはカラオケとかとは発声が違うし、喋るより歌う方がちゃんと言葉も発音できるし、もし言語の障害で意気消沈してる方がいたら、ヘヴンリーに来てほしいと思います。〈金融機関 従業員 T井ちゃん〉



大きな舞台に立てた
友人の強い勧めで入会しましたが、本当に入会して良かったと思います。
尾張旭市文化会館や瀬戸市文化センターなど、大きな舞台に立ったときは緊張しましたが、大変良い経験が出来ました。
歌が好きな方はもちろんですが、お話し好きな方も楽しめるグループだと思います。〈瀬戸市 匿名希望〉


初めは抵抗感がありました
ゴスペルは音楽として好きでしたが、英語が苦手なので、自分が歌うということは考えていませんでした。しかし、ホームページで日本語訳のゴスペルをやっているクワイアがあると知って、体験レッスンに申し込みました。
体験レッスン当日はとても楽しかったのですが、キリスト教文化に全く触れていなかった私は「イエス」「神」「主」など、日本語に訳されている歌詞に少し抵抗を感じました。そして、入会は保留して「考えてから返事をします。」と言って家に帰りました。
その後私は色々と考えましたが、多少の抵抗感があっても「私はヘヴンリーで歌いたい。」と言うのが本心だと思い、入会申込書をファックスしました。
次の練習から全力で「イエス」「神」「主」などと歌いましたが、思ったほどの抵抗感はなく、かえってこれがゴスペルの一体感を作っている要素なのだと言うこともわかりました。
東北震災のチャリティーコンサートや慰問にも力を入れているヘヴンリーですが、このクワイアで、多くの人に元気になってもらいたいと思っています。〈事務関係 匿名希望〉


ゴスペルならではの連帯感が最高
子供の頃からピアノやハープなどを習い、学生時代はモータウン系のバンド活動をしていました。生意気言って申し訳ないのですが、日本人の運営するゴスペルクワイアの多くが好きになれませんでした。黒人のノリに似せたテンションがわざとらしく感じたからです。
しかし、ヘヴンリーのステージを観たとき、そういったものを全く感じず、日本人らしいゴスペルがここにはあると思いました。ただ楽しくかっこいいから歌うのでなく、歌の意味が自分の心や聞く日本人の心に届くように作り上げられているのです。当然の事ながら、リズムやメロディのかっこよさ、大勢で力を合わせる連帯感などゴスペルならではの魅力も満載です。そこで、これならやってみたいと思い入会したのです。
また個人的には、慰問に行った時におじいちゃん、おばあちゃん達が、馴染みのないゴスペルで喜んでもらえ、こちらが温かいものをもらえるのもうれしく思います。
すてきなメンバーとの出会いもあり、色んな刺激を受けることができ、少しづつ上達しているのを肌で感じる事ができるので、個人的にもクワイアとしても、これからが楽しみです。〈主婦 Kさん〉


体調が悪くても、不思議と歌える
ヘヴンリーのゴスペルからは、本当に力をもらっています。
体調が悪くても、不思議と歌えるのです。発表を見に来てくれた友人も「パワーがもらえるステージだったよ。」と言ってくれます。
また、ユーモアのある先生の指導と、楽しいメンバーが揃っているのも魅力です。歌が好きな人たちに、もっとこのクワイアを知って欲しいです。〈尾張旭市 匿名希望〉


生活に張りが出ました
TVや映画でゴスペルを知り、かっこよさとリズム感に惹かれて、何枚かのゴスペルCDを購入し一人で聴いているうちに、みんなで歌うクワイアにも参加したいと思うようになりました。日本語で歌えるゴスペルクワイアが近所にあると知り、体験レッスンに申込み、その日に入会しました。
鈴木先生は一回一回の練習を大切にする方で、とても熱く、楽しく指導してくれますので毎回がエキサイティング。練習中、みんなの声が一つになって大きな一体感が得られる時は、本当に最高です。
また、たくさんの友人もでき、発表や慰問活動もあって生活に張り合いが出るようになりました。大げさかも知れませんが、人生に喜びが持てるようになり、毎日がとても楽しいです。あの時体験レッスンの電話をして、本当に良かったと思います。〈販売員 Bさん〉


もっとゴスペルを楽しみたくなりました
ゴスペルのことは余り知りませんでしたが、友人がヘヴンリーさんに入会していて「楽しい。楽しい。」といつも言っていました。その後、発表会を観る機会があり、友人やメンバーの方々が本当に楽しそうだったので、私もやってみようと思い入会しました。ゴスペルどころか合唱さえ初めてでしたが、先生の楽しい指導と、すてきなピアノ生演奏と、おいしい手作りおやつと、メンバーの方々とのおしゃべりが楽しくて、毎回練習に出かけました。
家庭の都合もあり、練習に行けない時が続いたこともありました。ですが久しぶりに練習に行ったとき、先生やメンバーの方々が「おかえり!」「お久しぶり。元気だった?」と、笑顔であたたかく迎えてくれました。
少しづつですが、もっと上手になって、今以上にゴスペルを楽しみたいと思います。〈主婦 RGMさん〉

                          

なぜか穏やかな気持ちになれる
入会前は発声方法など学んだことがなかったので、不安でしたが、体験レッスンを受けたとき、とても楽しく、すっきりとした気持ちになりました。その時「またヘヴンリーで歌ってみたい」という思いになり入会しました。
始めて5年になりますが、最近は歌うとなぜか穏やかな気持ちにもなれます。
また、コンサートなどをやり終えた後に一緒に歌ったメンバーの顔を見ると、とても幸せそうに見え、私もとてもうれしい気分になりました。〈尾張旭市 匿名希望〉


車で練習用CDをかけて熱唱してしています
知人に誘われて体験レッスンに参加しました。あまり予備知識もなく参加しましたが、思った以上に楽しい体験レッスンで、入会を即決しました。
練習日以外の普段の練習は、車で練習用CDをかけて熱唱してしています。このCDのおかげで曲を忘れてしまうことが無く、大変助かっています。
また昨年7月に行われた尾張旭のコーラスフェスティバルでは、大きな舞台に立つのが人生初だったので、大変緊張しましたが、とても楽しかったです。
ヘブンリーでたくさんの友人もできて、女子会など楽しい時間も増えました。〈事務職 匿名希望〉


おやつがうまい
直接は関係ないのですが、練習の後のおやつは本当においしい。初音先生は、さすがクッキング教室の指導者。感謝しています。〈工場勤務 みぃさん〉


格段にレベルが上がった
体験レッスンを受ける前は、ゴスペルの音楽感について行けるかが心配でした。しかし、実際に体験レッスンをやってみると、ゴスペルの解放感とか、メンバーや教会のみなさんの対応がとても親切で、うまくやれてもやれなくても、とにかくやってみようと思い、入会を決めました。
また、続けて練習を重ねていくうちに「恥ずかしがらずにリズムに乗ることが出来れば大丈夫だ。」という事がわかり、入会前の不安はなくなりました。
私は、「参加者のそれぞれの立場やレベルで、参加すればよい。」というスタンスが心地よく、現在まで続けさせてもらっています。
また、どんな年代の人でも楽しめるような選曲をしていただいているので、若い人たちだけがソロを取るのではなく、年長者でもソロを取らせてもらえるのも励みになります。
入会してから早5年が過ぎましたが、その頃と比べると、グループ的にも、個人的にも、格段にレベルが上がり、本当に今後が楽しみです。〈瀬戸市 匿名希望〉



みんなで作り上げている
幅広い年齢層の人が集まって、みんなで作り上げていくグループ感があるクワイアだと思います。誰かに歌わされているのではなく、誰かに引っ張られていくのでなく、みんなで歌い上げていくところが本当に素晴らしい。〈医療系 匿名希望〉


東北震災チャリティーコンサート
自分が出演しておいて言うのも何なのですが、東北震災チャリティーコンサートは本当に素晴らしいコンサートだったと思います。黒人霊歌「漕げよマイケル」のメロディにのせて、会場の人たちと共に「がんばれ東北。ハレルヤ。」と何度も歌ったときは、歌いながら涙が出ました。
またアンコールでは、びっくりするほどの盛り上がりをみせました。多くの人々に感動してもらったと思います。 家族も見に来てくれて、とても感動していました。            
このような意義のあるコンサートに参加でき、とても良い経験が出来、感謝しています。〈尾張旭市 匿名希望〉



posted by Heavenly gospel Choir at 00:00| メンバーの声